アクション

TOP > ブログ > アクション

カテゴリ

 

多中中間テスト5日前

太高・館高諸君も総仕上げの時期になってきました。
館女・太女は今日で終了! お疲れさまです\(^_^)/

そんな中、今週は速読講座の勉強会、大学入試セミナー、広告のセミナーと午前中からいろいろと動いていました。そして、今日は英語の大家、安河内先生のセミナーを受講してきました。気がつけば週末です。

大学受験改革・共通テスト導入に関しては、大学教授・高校校長会・高校現場の先生方、そして「真の当事者」である生徒さんたちの猛反対がある中、文科省はこのまま断行していくようです。英語改革の流れの中心にいらっしゃる安河内先生は「政治でも何でも、さまざまな改革は混乱しながら行われてきた。今回の『真の目的(使える英語を身につける)』がある以上、この流れは紆余曲折はあってもまず止まることはない。時間をかけて変わっていくはずだとおっしゃっていました。消費税の一件を見ても、上の方々はどうも段取りが悪いように感じます。「何が何でも絶対にやる!!必ずやる!!だから本気の本気で準備して!」と脅すくらいに言って、相当の期限を切っておけば、このようなドタバタは起こらなかったと個人的に思っています。「とか何とか言ったって、結局なしになるんじゃない?」と受け手に現実的に考えるよう強く促してこなかったツケが回ってきているように思います。教育改革は当然必要だとは思いますが、現状での強行には反対です。とはいえ、とにかく現実に動き出してしまっている以上、我々現場の人間は「最大の犠牲者」である子どもたち(特に高2生のみなさん)がこの波をうまく乗り切れるよう、しっかり対処していかなければなりません。

そして、高校受験も連動して必ず変わります。都立高校は現小6生の高校入試から「スピーキングテスト」を導入することになりました。そうなると、今やリスニングテストが当たり前のように行われているように、ゆくゆくはどの県でもスピーキングテストが導入されていくことでしょう(ベネッセ主催のGTECではすでに録音方式でスピーキングが実施されています。来年から始まる「1日完結型の英検(1 day S-CBT)」でも録音方式でスピーキングテスト実施されるとのことです)。「難しい文法はいらない。運用力をとにかく観る」という趣旨のようです(ライティングも同じですが)。このため、入試問題は文法を問うものから「さまざまな種類の英文(メール・ブログ・案内文……)」を読んで、重要部分を抜き出すような読み方が要求されてきます。当然、リスニングの配点も高まってくることでしょう。長文化・単語数の増加は避けて通れなくなります。そのためにもこれからは「音読と長文多読、そして英語での速読が重要になってくる」とのことでした。

すでにクエストでは中3生以上に『速読英語』を使って、長文多読とリスニングを毎週必ずやってもらっています。中3生は放課後学習の時に週2回はやっています。でもまだ「これで完全!」とは言えないので、コンテンツを更に研究して、実施プログラムを改善しなければならないなと感じました。

子どもたちにも言っていますが、授業は受けて満足ではなく、学んだことをアウトプットしてナンボだと思います。「話聞いてメモ取って満足」ではもったいないです。

コーチング・数学教育・英語教育etc……今年も4月からすでに20回近くのセミナーに行きました。超一流の先生方から最新の情報をたくさんゲットしています。住宅地の真ん中にある小さな個人塾ですが、「情報量」は近隣の大手塾さんに負けない自負があります。そして、「コレを今のクエストに組み込むのか捨てるのか」「使うならどうすればいいか」「本当にこれでいいのか」と最適解を模索し続けています。間違いなくまだまだウマイ方法がたくさんあるはずです。この塾でできるベストチョイスの環境を子どもたちにプレゼントしたいです。また、知り得た情報をみなさまに正確にお伝えしていくことも大切な仕事です。

開校以来、本当に少しずつではありますが、進化を続けてきました。激動の世の中を生きていく子どもたちのために、私たちが出来ることはとことんやってあげたいです。ここ数年は塾の大転換期になると言われています。時流に乗り遅れては子どもたちに迷惑がかかります。子どもたちと同じように、クエストも私も授業ごとに着実に一段ずつステップアップしていけるよう、頑張ります。

Research & Actionで、まだまだ行きます!

群馬県館林市の個別対応・集団授業・学習塾
進学塾クエスト
quest-web.com


〒374-0075
群馬県館林市西高根町26-21
TEL:0276-72-8846

お申し込み・お問い合わせはこちら
  • 9月〜3月までの土曜日は14:00〜19:00となります。
  • メールでのお問い合わせは24時間受け付けております。お気軽にご相談ください。
    できる限り、早めにお返事いたしますが、若干の時間をいただくこともございます。